東大阪市のグルメ・ショッピング・病院・遊び場・街コミ情報など、地域の生活情報をご紹介しています! 
行事・イベントカレンダー
操作マニュアルを表示
▼東大阪むかしむかし『その23 河内のおっさんのルーツはもののべのこどもたち』(まいぷれ東大阪) 【講座・教室情報】
【その他】 なのはなネット管理人 TEL: 更新日:2017-09-03 00:48
なのはなネット管理人さんの詳細はこちら

むかーしむかし、河内には日本の

歴史のはじまりがあったんじゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

◇鳥見の里の物部たち◇

 日本の国のはじまりのころのはなしや。

 そのころ河内にはなぁ、おおきな湖が

あって、平野の大半は水の底やったんや。

 

ただ生駒の山ねきだけが陸地で、人が

住んどって、その里を「鳥見の里(とみのさと)」

住んでいたのを「鳥見一族(とみいちぞく)」と

よんでいたんや。

 

狩りや漁りが得意で、たくましい者たちや。

 

その「鳥見の里(とみのさと)」にある日、

「アマテラス」さまの孫

「ニギハヤヒ(饒速日)」さまがやってきたんや。

 

ニギハヤヒさまは、この里を

「日下(ひのもと=日本)」と名付けられ、

里の長「ナガスネヒコ(長髄彦)」の妹を

娶られ、

御子「ウマシマデノミコト(可美真手命)」さま

をもうけられたんや。

 

ニギハヤヒさまと、そのお供の三十二人に

天物部(あまつもののべ)二十五部衆の兵らと、

鳥見の者たちとは、お互いに娶り娶られ

その末裔(こども)らは「物部(もののべ)」

の者らと名乗るようになったんや。

 

お供の三十二人の中には後の藤原氏の

祖神であられる「天児屋命(アメノコヤネノミコト)」

さまもおられたんや。

 

ニギハヤヒさまは、のちに来られた

「神武天皇」さまと力を合わせて、

このヤマトの国を興されたんや

 

この続きはこちらのページで・・

 

=================

親子で楽しむ 『東大阪むかしむかし』

http://higashiosaka.mypl.net/mp/rekishi_higashiosaka/

 

東大阪市の歴史ってとっても古いんですよ!

わが街のいろんな歴史を子供たちに伝えていきませんか?

 

地元の語り部が、わが街の歴史をわかりやすく紹介するこのコーナー。

親から子に、是非読み聞かせてあげてくださいね!

 

(「まいぷれ東大阪」さんの投稿記事より)

http://higashiosaka.mypl.net/

================

 

 

 

なのはなネット管理人さんの発信情報一覧を見る

クチコミ投稿





トップページ FKB48 メンバー交流記 情報発信 東大阪タウンナビ
プライバシーポリシー なのはなネット利用規約&免責事項 お問い合わせ >操作マニュアル