東大阪市のグルメ・ショッピング・病院・遊び場・街コミ情報など、地域の生活情報をご紹介しています! 
行事・イベントカレンダー
操作マニュアルを表示
▼東大阪むかしむかし『その24 ゆく舟くる舟、徳庵の堤』(まいぷれ東大阪) 【講座・教室情報】
【その他】 なのはなネット管理人 TEL: 更新日:2017-09-16 15:22
なのはなネット管理人さんの詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

むかーしむかし、

野崎詣りの舟が花盛りの徳庵堤を

通っておったんじゃ

 

◇野崎まいり

野崎の観音さん、

五月の一日から十日間、いわゆる「野崎まいり」

といぅやつでございまして、たいへんに

参詣人で賑わいをみせるわけでございます。

 

ここにございました、いたって呑気な

二人連れ、喜六と清八、「えぇ時候になったんで、

ひとつ野崎さんへお詣りしょ~やないか」

と二人どんどん歩みを進めまして、

大阪城の前をはすかいに突っ切りまして、

片町から京橋、さては徳庵堤へと

かかってまいります。

 

なんと申しましてももぉ大勢の人、その道中の陽ぉ気なこと……♪

 

 ご存知、上方落語「野崎まいり」の一節です。

 

野崎観音・慈眼寺は、寛文 11年(1671)、

参拝者を増やすために秘仏の観音様を特別に

開帳することにしました。

 

ちょうど、時候もよく、ハイキングコースと

して手ごろであったためにおおいに流行りました。

 

享保6年(1721)には、道頓堀で

「女殺油地獄」が上演され、続いて安永9年(1780)、

「新版歌祭文」が上演されました、両方とも

芝居の舞台は野崎まいり、これによりさらに

有名になったのです。

 

大阪からは、天満八軒家から舟に乗り、

大川から寝屋川をさかのぼり徳庵をへて

住道から上陸して歩いていったものでした。

 

徳庵までくると「野崎まいり」の参拝者で

一杯だったそうです。

 

この続きはこちらのページで・・

http://higashiosaka.mypl.net/mp/rekishi_higashiosaka/?sid=60064

 

=================

◆親子で楽しむ 『東大阪むかしむかし』◆

http://higashiosaka.mypl.net/mp/rekishi_higashiosaka/

 

東大阪市の歴史ってとっても古いんですよ!

わが街のいろんな歴史を子供たちに伝えていきませんか?

地元の語り部が、わが街の歴史をわかりやすく紹介するこのコーナー。

親から子に、是非読み聞かせてあげてくださいね! 

 

(「まいぷれ東大阪」さんの投稿記事より)

http://higashiosaka.mypl.net/

================

 

 

 

なのはなネット管理人さんの発信情報一覧を見る

クチコミ投稿





トップページ FKB48 メンバー交流記 情報発信 東大阪タウンナビ
プライバシーポリシー なのはなネット利用規約&免責事項 お問い合わせ >操作マニュアル